既存の住宅デザインを変えたい場合はリフォームを行なうことが最適

樹木の伐採

樹木を伐採することのメリット

伐採は、敷地内を広々とさせるためには必要なことです。広々とさせるだけでなく、見た目もすっきりさせることができます。 逆に、樹木が鬱蒼と茂っていると、木陰が多くできるため敷地内に湿気が溜まりやすくなります。樹木の根元にはもちろん、近くにある庭石や塀、さらには建物にまで、コケが多く生えるようになってしまいます。 ところが、伐採をすることで光が多く射すようになります。日当たりが良くなることでコケは生えにくくなりますし、背丈の低い植物、たとえば花壇の花などは成長しやすくなります。また、残った樹木もよく育つようになります。日光と地面からの栄養分を多く吸収できるようになるので、花も果実も増えたり大きくなったりするのです。 敷地内の建物や他の植物の状態を良くするためにも、伐採はとても大事なことと言えます。

専門業者に任せることのメリット

伐採は、植木職人など専門業者に依頼することで、おこなってもらえます。個人でも伐採は可能ですが、専門業者に任せた方がリスクが少なく、仕上がりも美しくなります。 たとえば業者の場合、単に伐採するだけでなく、必要に応じて根も処分してくれます。さらに切り株などを残す場合には、そこから枝葉が伸びてこないように、切り口に成長をストップさせる薬剤を塗ってくれます。もちろん、伐採した樹木は全て処分してくれます。 根を引き抜くことも、成長を止めることも、切り落とした枝葉を処分することも、個人でおこなうのは簡単ではありません。そのため、伐採を業者に任せる人は多くいます。 業者には、だいたい樹木1本あたり5千円で依頼することができます。伐採だけでなく、剪定や芝刈りなども依頼可能です。