既存の住宅デザインを変えたい場合はリフォームを行なうことが最適

林を美しく

よい木を生むために必要な間伐とは

林業はよりよい林を作り、良質な材木を供給する、というのが目的のお仕事です。そこで欠かせないのが、間伐です。 間伐とは、必要でない木を切り倒して取り除く作業のことを指します。そのメリットにはいろいろありますが、まずは林内の日当たりをよくするというものがあります。 人工林をそのままにしておきますと、木が密集しすぎて、必要な木に日が当たらず成長に影響が出てきてしまいます。 そこで木の数を減らすことで、成長させたい木に日を当ててやることができるのです。線香林という言葉がありますが、これは間伐されていない林が木が混みすぎることで、日が入らずにどの木も弱々しい細い木になってしまっている状態です。 間伐は良質な材木を生み出すために必須の工夫です。

間伐の必要性が再び注目されている

間伐のトレンドについてお話しします。残念ながら日本の林業は材木の価格下落などの影響もあり、就業する人が少なくなっている状況です。 そうしますと間伐がされずに放置され、林内が荒れているところも少なくありません。その結果、根が浮き上がって土壌が流亡したり、生物多様性も失われてしまっていることが多いです。 間伐は日当たりを良くして木がしっかり根を張り、土が流れ出ることを防ぎますから、災害を防ぐという意味もあります。また、森林の生物多様性を確保できますので、エコの観点からもとても必要なことです。 最近では林業も再び注目を浴びるようになってきましたし、間伐にも経済性以外の必要性が認められ、求められているという状態になっています。