既存の住宅デザインを変えたい場合はリフォームを行なうことが最適

住宅を守る

なぜ外壁塗装が必要なのか

新築から10年ほど経つと、そろそろリフォームを考える頃と言われています。 その中でも、家の外壁塗装は特に重要とされている箇所です。 ただ、多くの人は少々汚れやくすみが目立つ程度で特に問題があるようには見えないと答え、あまり外壁塗装の重要性は理解されていないようです。 しかし、この時期になるとただの汚れやくすみだけでなく、よく見ると外壁に小さなヒビや剥がれがあったり、日当たりの悪いところには苔や黒カビが発生したり、手で触れると白い粉がつくといった現象が起こっていることが多いのです。 実は、これは全て外壁塗装の劣化のサインなのです。 外壁塗装は家の外観を整えるだけでなく、雨風や紫外線といった外からのダメージから家を守る役目を持っています。 したがって、これが劣化するとやがて雨水などの外からのダメージが家内部まで侵入し、ついには床や柱といった構造部を腐食させてしまう可能性が高くなるのです。 こうしたことを防ぐためにも、外壁塗装の劣化のサインを発見したら、なるべく早くリフォームを考えるよう注意が必要です。

リフォームにかかる費用は塗料によって違う

外壁塗装リフォームは、使用する塗料によって費用が変わります。 主に使用される塗料は、アクリル樹脂・ウレタン樹脂・シリコン樹脂・フッ素樹脂の4つです。 このうち最も安価なのはアクリル樹脂ですが、耐用年数は5年から7年とやや短いとされています。 一方、最も高価とされるフッ素樹脂の耐用年数は12年から15年とされ、価格と耐久性はほぼ比例するとされているのです。 現在、最も使用されているのがウレタン樹脂です。 耐久性が良く木材との相性も良いとあって扱いやすく、耐用年数が7年から10年とちょうどリフォーム時期とも合うことから、長年高い人気となっています。 しかし、ここ最近この牙城を脅かす存在となってきたのがシリコン樹脂です。 シリコン樹脂は硬度があり、そのため剥がれにくく耐久性が高いことが特徴です。 何より耐久年数が10年から13年と長く、価格の割には手頃で経済的と評価が高くなっているのです。